【2021年最新】ダイナミック広告のメリットと導入すべき業種とは?

インターネット広告 マーケティング 経営者向け 記事・コラム

ダイナミック広告

ユーザーそれぞれに最適な広告を配信できる「ダイナミック広告」は、数あるWeb広告の中でも有効な手段として多くの企業が導入しています。

ここでは、ダイナミック広告の特徴や仕組み、メリット、ダイナミック広告を導入すると効果を期待できる業種、ダイナミック広告の効果を最大化する方法などについて、詳しく解説します。

ダイナミック広告とは

ダイナミック広告とは、ユーザーのサイトの閲覧状況や行動履歴などに合わせて、一人ひとりに最適な広告クリエイティブを自動的に生成して配信する手法です。

ダイナミック広告は動的広告とも呼ばれ、反対に、バナー広告などの、全てのユーザーに同じ広告クリエイティブを配信する手法は、静的広告ないしはスタティック広告と呼ばれます。

代表的なダイナミック広告としては、「GoogleのGDR」や「Criteo(クリテオ)」などがありますが、多くの広告配信プラットフォームで提供されています。

リターゲティング広告との違い

ダイナミック広告もリターゲティング広告も、ユーザーの閲覧状況に応じて広告を配信しますが、リターゲティング広告は、過去にLPやサイトに訪問したユーザーのみに配信されます。一方ダイナミック広告は、過去にLPやサイトに訪問したユーザー情報のほかにcookie情報も利用するので、サイトへ未訪問の新規ユーザーに対しても配信することができます。
そのため、新規客獲得にも効果があります。

ダイナミック広告の仕組み

ダイナミック広告では、「タグ」と「データフィード」が重要な役割を果たします。

ユーザーの閲覧や行動などの情報がタグを介してサーバーに送られ、その情報を元に適切な広告クリエティブをデータフィードで配信するというのが、おおまかな仕組みになります。

例えば、ユーザーがECサイト上のAという商品ページに訪れたときに、「Aを見た」情報を、タグが広告のプラットフォームに流します。すると広告プラットフォーム側は、事前に登録されているデータフィード(商品タイトル、画像、価格などの商品データ)から、Aまたは、Aと似ている商品の広告を表示します。データフィードでは、商品データを常に機械学習して、ユーザーに最適な広告クリエイティブを自動再生して配信します。

                      

ダイナミック広告のメリットとは?

ダイナミック広告には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:ユーザーごとに最適な広告を自動配信できる

ダイナミック広告は、ユーザーの閲覧や行動をもとに配信されるので、ユーザーが関心のあるい情報を配信できます。また、データフィードを事前に準備しておくことで、クリエイティブも自動で生成できるので、クリエイティブ制作の手間などの削減につながります。そのため、クリエイティブや運用の担当者やノウハウなどのリソースが不足している場合でも、効率の良い広告出稿が可能となります。

ダイナミック広告は、ユーザーの閲覧や行動をもとに配信されるので、ユーザーが関心のあるい情報を配信できます。また、データフィードを事前に準備しておくことで、クリエイティブも自動で生成できるので、クリエイティブ制作の手間などの削減につながります。そのため、クリエイティブや運用の担当者やノウハウなどのリソースが不足している場合でも、効率の良い広告出稿が可能となります。

メリット2:CTR・CVRを高めやすい

ダイナミック広告は、ユーザーの関心が高い広告を配信するので、高いCTR(クリック率)・CVR(コンバージョン率)を期待できます。既存顧客に対しても新規客にも、精度の高い広告運用が行え、アップセルやクロスセルを狙える業種や企業であれば、LTV(顧客生涯価値)の最大化にもつながります。

メリット3:複数の商品を同時にアピールできる

ダイナミック広告では、カルーセルフォーマットが利用できます。ユーザーが閲覧したAという商品以外にも、Aとカテゴリや価格、カラー、デザインなどが似ている別の商品を同時に表示できるので、CVRの向上につながります。ユーザー側も、欲しい商品と似たような商品と簡単に比較ができるので、利便性が高まります。

メリット4:高いコストパフォーマンスを期待できる

ダイナミック広告は、ユーザーが関心ある広告を表示し、複数の商品提示が一度にできるので、リスティング広告などよりも精度の高い広告となります。そのため、同じ費用でも高いCTR・CVRを期待でき、コスパの良い施策を実現できます。

ダイナミック広告の種類

続いて、ダイナミック広告の種類を説明します。それぞれ特徴や、掲載されるメディア・サイトが異なるので、自社の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

Criteo
ダイナミック広告の代表格である「Criteo」は、国内のインターネットユーザーの9割が月に1度以上Criteo広告に接触していると言われるほど、幅広いリーチが最大の特徴です。また、これらの消費者行動をデータベースとする、配信アルゴリズムが優れているとされています。

Yahoo!JAPANのほか、Googleなど世界中の多数の広告ネットワークと提携しており、比較的安価で配信できるのも魅力です。

Facebook/Instagram ダイナミック
「Facebook/Instagram ダイナミック」は、Facebookの正確な属性データを利用するため、ターゲティングの精度が高いことが特徴です。

Facebookだけでなはく、InstagramやMessenger、Audience Networkへ配信可能で、特にInstagramは、フィードやストーリーに配信できるので、若い女性をターゲットとする商材は、高い効果を期待できます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク「Dynamic Ads for Display」
Yahoo!広告では、YDNの機能である「Dynamic Ads for Display」で、ダイナミック広告の配信ができます。

Yahoo!JAPANのトップページやYahoo!ニュース、Yahoo!天気などのYahoo!コンテンツのほか、Amebaや朝日新聞デジタル、クックパッドなど多くのユーザーが集まる提携メディアに配信されます。そのため、高いリーチを期待できます。

LINE Dynamic Ads
LINEの月間アクティブユーザーは8,800万人※1を誇り、この大量のユーザーにリーチできるのが、「LINE Dynamic Ads」の最大の特徴です。 利用者も若年層から高齢層まで幅広くカバーしているので、他のSNSではリーチできないユーザーにもアプローチが可能です。

また、LINE公式アカウントの友だちの配信や、広告識別子を活用した広告配信が可能なのも、LINE広告ならではの特徴といえます。

※1 「12のソーシャルメディア最新動向データまとめ」

GDR(Googleダイナミック広告)
Googleも「GDR」としてダイナミック広告を提供しており、過去のサイト訪問者やアプリ利用者、見込み客など、Googleのデータを活用して、200万以上のウェブサイトへ出稿できるのが最大の特徴です。

また、教育、フライト、ホテルや賃貸物件、求人、地域限定の商品やサービス、不動産、小売、旅行、その他の業種で登録ができ、それぞれに見合ったフィードやカスタムパラメータ、広告レイアウトが決まるので、高い効果を期待できます。

Googleショッピング広告
「Googleショッピング広告」は、小売店にメリットの多いGoogle 広告のメニューで、EC事業者の間で人気の高いメニューです。

EC サイトや実店舗で在庫のある商品の広告を掲載して、サイトや実店舗へ誘導します。リスティング広告よりも上位に表示され、商品を見てからサイト誘導できることから、より精度の高いユーザーを流入させられるのが特徴です。

SmartNews Dynamic Ads
「SmartNews Dynamic Ads」は、日本最大級のニュースアプリSmartNews内の記事に、溶け込むような形式で配信されるダイナミック広告です。月間アクティブユーザーの2,000万人※2にリーチができ、朝の時間帯の占有率が高いことから、飲食店や美容室、ジムなどの各種予約や、昼夕食のメニュー提案なども効果的です。

※2 SmartNews媒体資料「SmartNews Ads Media Guide 2020.7-9」

RTB HOUSE
「RTB HOUSE」は、深層学習型の学習技術を用いて最適化された配信技術が最大の特徴です。

ユーザーの来訪歴だけではなく、滞在時間、カートに入れる際の行動などのあらゆる情報を一元管理してディープラーニングで行動を予測し、成果につながる最適な広告配信を行います。自社の未接触ユーザーにも配信できるので、新規客獲得も実現します。

ダイナミック広告が向いている業種と最適なメディア

ダイナミック広告は、ユーザー別に最適な広告を配信できる特徴から、選ぶのに迷うほど商品アイテム数が多く、情報の更新頻度が高い商品やサービスを扱う業種・業態が向いているといえます。

具体的には、EC全般、航空・旅行、不動産、求人などが挙げられます。

1.EC全般

アパレルや食品・食材のECサイトなどは、掲載するアイテム数が多く、タイムセールや頻繁な価格変動などの更新が多いことから、効率よく精度の高いターゲットにアプローチするためにも、ダイナミック広告が最適といえます。

特に「Googleショッピング」広告は、検索画面の最上段に画像付きで商品が表示されクリックされやすいので、CRVの向上を期待できます。200万人のユーザーが利用するGoogleなので、潜在層の獲得にも効果的なメディアといえます。

また、女性向けのアパレルや化粧品など、商品画像やモデルが使用している動画が購入を左右する業種では、Instagramダイナミックなども、適しているといえます。

2.航空・旅行

航空券や旅行商品は、ユーザーが検索している旅行先の地域や価格帯などがわかれば、さまざまな提案・情報提供が可能になります。情報更新も多い業種なので、ダイナミック広告が向いています。

利用者の多いGoogleのGDRやLINE Dynamic Adsなどが、幅広い層にリーチできます。

3.不動産

不動産購入やリフォームなどを商材としている場合は、ターゲット属性が明確なFacebookダイナミックの利用が適しています。

賃貸物件の情報提供であれば、部屋の画像を訴求できるInstagram ダイナミックや、ビジネスマン・OLの朝の利用が見込まれるSmartNews Dynamic Adsも向いているといえます。

4.求人

求人業界では、ユーザーは能動的に検索を行うため、Indeedやスタンバイなど検索型の求人プラットフォームを利用すると効果が上がります。

ダイナミック広告で効果を上げるのであれば、業種で広告を選択できるGDR、サイト訪問済みのユーザーにはCriteoなどが適しています。

ダイナミック広告で効果を上げる方法

ダイナミック広告で効果を上げるには、以下の対策を行います。

適切なタグを設置する

ユーザーの閲覧や行動履歴を広告媒体へ送る「タグ」は、正確で適切でなければ、ターゲットに最適な広告を表示できません。そのため、全階層にタグが設置されているか、ページの種類に合わせて適切なタグが設置されているか、タグの動的変数値が問題なく取得できているかなどの確認が必要となります。

フィードはわかりやすく最新のものに

広告クリエイティブを配信するデータフィードは、常に最新の情報にしておかないと、間違った情報を提供することになります。また、商品やメッセージがわかりづらいクリエイティブになると、CVRにつながりません。なるべくわかりやすいフィードで、常に最新情報にアップデートするようにしましょう。

目的に合ったメディアを選択する

メディアにはそれぞれ特徴があり、一概にリーチ数が多いGoogle広告が良いというわけではなく、例えば写真や動画で商品を見せた方が効果を期待できるなら、Instagramダイナミックを選ぶなど、自社の目的に合ったメディアを選ぶ必要があります。ターゲティングの方法もそれぞれ異なるので、各メディアの特性を把握して選ぶようにしましょう。

ダイナミック広告を効果的に運用するならプロにおまかせを

ダイナミック広告は、個別のターゲットに最適な広告を配信できるので、高いCTRやCVRを期待できる手法です。タグやデータフィードを適切に設定すると、広告クリエイティブが自動配信されるので、業務の効率化を期待できますが、タグやフィードの設定や適切なメディアを選択するには、ノウハウが必要となります。

NANACO JAPANは、ダイナミック広告の豊富な実績を誇り、さまざまな業種のダイナミック広告の運用をサポートしてまいりました。

ダイナミック広告を検討されるなら、NANACO JAPANにお気軽にご相談ください。

    必須お名前
    必須法人名・屋号
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須郵便番号
    任意URL(お持ちであれば)
    必須ご相談内容
    必須お問い合わせ内容

    関連記事

    おすすめ

    茨城県神栖市 歯のセルフホワイトニングサロン Lumiere

    アーカイブ

    カテゴリー