ECマーケティング手法 その1

最近、インターネット上でお店(ネットショップ)を始めたいのですが、という相談をよく受けるようになりました。

インターネットでお店を出店する方法は、大きく2つに分かれます。
それは、Yahooショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールに出店する方法と一般的なホームページに買い物システムを搭載させた自社サイトを出店する方法があります。

■まずは、何を売るのか?

商売の基本となる、誰が(Who)、誰に(Whom)、何を(What)、いくらで(How much)売る?
通称:3W1Hの考え方が軸となります。

その中でも、何を売るか?何を売りたいか?という部分が、顧客ターゲティングをする中でも、非常に重要になっていく部分です。

売る物が決まっていないのだが、ネットショップをはじめたい。そんな事は可能なのか?

結論から言うと、可能です。

 

まずは、自己分析からしてみましょう!

  • 気付いたら、ネットショップで〇〇のジャンルの商品ばかり見ている・買っている物
  • これだったら、飽きずに続けられるという物
  • こんなの売ってみたいと思える物
  • 身の回りであったら便利だなと思う物
  • 好きなブランド・メーカー
  • etc

ノートなどにペンを握って書き出して見てください。

製造メーカーのように、商品開発から行えば、世の中の流行を築くことができるかもしれません。
しかしながら、実際のところ、容易に商品開発が行える環境にいらっしゃる方は、少数かと思われます。

大多数の方は、仕入れて販売する方法が主軸ではないでしょうか?

ここで重要になるのは、ネットショップを開業する目的なのです。
開業することは、誰でも簡単にできます。しかし、ネットショップ開業=売れる という勘違いをされている方が結構いらっしゃいますので、はっきり明記しておきますが、それは、NOです。

ネットショップを開業して、まずは、月100万円の売上を上げたい。

こういった明確的な目標を持つようにして下さい。
ネットショップもお客様が来店される店舗には変わりありません。実際に、足が動くわけではありませんが、手を動かして来店されるわけです。通常の店舗と変わるものは、店舗の所在地ぐらいでしょうか。

売りたい != 売れる とは限らない。

売りたいと思ったものが、売れるのかどうか?もちろん気になるところですよね。
インターネットは、すべて情報の世界です。
その売りたい物の相場をリサーチすることが、可能です。

次回は、上記でのリサーチ方法について、説明していきたいと思います。